読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身実家暮らしに思うこと

独身で実家暮らしってやばいんじゃないかって
自覚はある
正直、うちは不便な場所にあって
基本駅までは自転車だから
大雨のときとか、雪が降ったり
帰りに自転車が壊れたりすると自転車こぎながら泣けてくるし
父との関係もいまいちだし
家を出るきっかけなんて
探そうと思えばいくらでもあったはず

でも、出らんないのはやっぱり楽チンだから

家にお金入れてるとか
洗濯は自分でしてるとか
家事もできるだけ手伝ってるとか
親も年取ってきたしとか
ネット通販とか私がいたほうがいいだろうしとか
同年代の独身女性よりは貯金があるからとか

全部うそじゃない
でも、全部言い訳だよね

お金入れてたって
同じ収入があっても
自分で生活している人に比べれば
自由になるお金は多い

物欲が強いほうではないと思うけど
欲しいものをなんにも我慢しないで買えてる

親は出て行けとは言わないけど
私がいることで夫婦の形がいびつなのは確かだと言う
子供が巣立って、夫婦ふたりの生活に戻るところ
私がいることで夫婦ふたりの生活に戻ってないから
ふたりでこえなければいけないこと
ふたりでちゃんとぶつからなきゃいけないこと
があるらしい

父はちゃんと話をしたわけじゃないけど
母曰く
お前の家でもあるんから居たいだけ居ればいい
って感じなのか?

一応仕事もあるし、
根っからのけちんぼなので、
家を出たから生きていけなくなってのたれ死ぬ
ってのはないと思う
いや、思いたい

私が思うのは
家に入れるって言っても給料の1/4くらいよ
残りのお金は全部自分のものなの

残り3/4を毎月全部使っちゃってるわけじゃないけど
ほしいもの我慢しないで買って
旅行に行って
おいしいもの食べて
自分の資産として貯めているくせに

親世代になってたどり着いた親と同じレベルの生活をしているの
それなりのレベルの食事
へんぴな場所とは言えそれなりのお家

いいとこどりのずるっこぴーだよね

就職して家出た人や
就職してある程度落ち着いて家出た人って
自分のお給料のレベルにあった家に住んで
自分のお給料のレベルに合ったものを食べて
少しずつレベルアップしていったり
レベルアップできなかったりするんだと思う

でさ、結婚して
これまたレベルにあった生活をしながらも
「お金かけなくても一緒に食べるとおいしいね」
とか言いながらふたりでがんばって
生活のレベル上げてくんでしょ

少ない上納金だけで
親のレベルで生活しているずるっこぴーからすると
上に書いたようなレベル上げしている人たちって
まぶしいよ

じゃあ、さっさと家出ろよって感じよね

まあ、追々考えますわ。