読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかの週末 ばーちゃんのこと

ばーちゃんが亡くなる前に書いたやつだ
せっかくだからアップ

金曜夜
予定のない週末なので
実家に行きます
部屋の掃除とは言いますが
実家の部屋の掃除はすすんでません

最寄り駅まで迎えに来てもらって
スーパーで晩ごはんの買物
金曜は母も晩ごはんの用意をお休みして
惣菜で済ますことが多いので

正直、実家なのに惣菜か
と思った感は否めませんが
ひとりでも惣菜はあまり食べないのでOKです
半額シールがついているのをいいことに
普段食べない鶏肉以外の肉をを
かごに入れまくってやりました(笑)

デザートのケーキまで買ってもらって
1ヶ月ぶりの実家ご飯

両親は元気そうです
まあ、お互い一ヶ月で変化があるわけないよね

土曜
母方のばーちゃんのお見舞い

朝食はゆで太郎
おそばとカレー丼で360円の朝そばはお得
ゆで太郎のそば、おいしい

ばーちゃんは
先週心不全をやったらしく
症状が悪化しているとのこと

会うたびに弱って小さくなっていくばーちゃん
ぼーっとしている時間が増えているんだって

確かに今回会いに行った時は
意識はしっかりしているようだったけど
滞在していた数時間の間にも
ぱっきりしてたり、ボーっとしてたりを繰り返してた

幸いなのは、痛いつらいがなさそうなこと

母曰く、ボーっとする意識の中で
お正月の準備をしていたんだろうって
むかしお正月は
親族みんな集まっておばーちゃんの作った
ご馳走を食べるのが決まりだった

あれだして、これ作らなきゃ
それが足りないから買って来てって
つぶやきながら
手を懸命に動かしてた

母は
自分の親がいろんなことを忘れたり
ボーっとしているのを見るのがつらいと言う
自分がそれを実感するのは
まだ、もうちょっと先のことになるだろうから
想像をするしかないけれど
分かる気もする

でも、
身体的苦痛がないこと
暴力を振るったり
暴言を吐くようなことはしないこと
なにより
意識が朦朧としている時の
ばーちゃんに見えてるものって
しあわせだった時の記憶な気がするから
ばーちゃんは不幸ではない気がするんだよね

母の話では
いつどうなってもおかしくない
ってレベルの様子

あとは、母と叔母が
ばーちゃんに何をしてあげたいか
ばーちゃんと何をしたいか
の問題なんだろう

母と叔母の考え方が違ったり
母と叔母の住んでいる場所がそれなりに離れているから
母は悩んでいる

緊急のことを考えると
せめてどちらかだけでも
すぐに駆けつけられるよう
真ん中という選択肢はないと言う

病院にもいろんな種類があって
例えば、今までいたのが
リハビリをガツガツやる病院
少しでも体を動かして回復を目指してた

今後、選択肢に入ってくるのは
緊急の事態に備えた充分な設備のある病院
穏やかに最期を待つ病院

おうちに帰りたいというばーちゃんを
連れてばーちゃんちで在宅する
うちに連れて帰って、うちで在宅をする
ってのもあり

それぞれに考えがあって
意見がぶつかることもある

自分の親の命が関わる問題だもの
悩むのは当然

叔母は感情論でお母さんがかわいそうって言うらしい
じゃあ、どうする?というと
お姉ちゃんどうしよう?って

わたしは長女だから
その感情論がずるいと思う

できることなら自分も
かわいそう、どうしよう?
ってしたいよ

でも、どうしよう?ってしてても
誰かが決めてくれるわけでもないし
無駄に時間が過ぎていくだけだから
決断をしなければけない

決断をするのは怖い
間違っていたらって考えると
決定なんてしたくない
けど、そういうわけにも行かない

だから母は大変

もちろん叔母には叔母の言い分があるのだろうけど
それは叔母の家族が聞いてあげて
分かってあげるべきことだと思うので
割愛するよ

いずれにしても
意見がぶつかったとしても
みんなばーちゃんのことを考えているわけだから
悪いようにはいかないはずと信じる

おばーちゃんが
健やかに
少しでも長くわたしたちと一緒にいてくれることを
願って病みません

帰りに病院の最寄の駅で
カレーを食べた

ナン大好き~
おばあちゃんにご馳走になりました

ばーちゃんに会えたのはよかったけど
病院に行くとひどく疲れる

物理的に電車で片道2時間だから
疲れるってのもあるけど
お見舞いって
精神的にもけっこうやられる

と言い訳をしつつ
お昼寝

日曜
昼寝したので、夜遅くて
朝遅くなるのは仕方ない

昼前に起きて
だらだら部屋の片付け
なくしてたと思っていた鞄が出てきたりで
良いこともあるのです

新居で1ヶ月生きていけているので
今実家にあるものは
生きるのには必要のないものなのよね

まあ、それが分かってても
捨てられないものばかりなんだけどね
狭い新居から
いつか広いお部屋に引っ越したり
実家に戻る時には
また手元に置きたいものたち

あと、困ったのが
長年溜めてきた500円玉貯金
~万円たまるってやつで
2個弱
結構な金額になっているのだけれど
普通に銀行に入れたくない

個人的に500円玉貯金で溜めた
10万円と
銀行に入っている10万円では
価値が違う気がするから

同じ10万円なんだけど
なんか違う

お金の価値は一緒だけど
眺めてニヤニヤしておきたい(笑)

とはいえ、そのままにしておくのも
あれなので、
500円玉貯金用の口座を作ろう

昼過ぎ
親に誘われてホームセンターへ
パン屋が併設していて
安くておいしいんですって

食べものにつられたら行きます

っつうことでお昼はパン
パン屋さんのパンっておいしいよね~
お腹パンパンになるほど食べて
ホームセンターうろうろ
持ってかえるの面倒だから
なんも買わんかったよ

おうち帰って
家の大掃除をほんのちょこっと手伝って
お昼寝
夕方キッチンに行って
晩ごはんの支度をお手伝い

串かつ~
わーい、揚げ物~♪

晩ごはん食べて、イッテQ見ながら
母と折り紙して
駅まで送ってもらって帰宅

敷き毛布と
部屋にあった持ち帰りたいものと
冷凍庫から失敬してきた食料と
塩麹作ったので、それも分けてもらって
なんてしてたら
相当の荷物量
でも、日曜夜の上り電車は
そんなに混んでないので大丈夫

さみしさも耐えられる
ぷーさんとちょっと電話で話して
おやすみなさい