読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかの週末

金曜夜
よっぱらいのぷーさんと
電話でしょうもない話をしながら

週明けに地元で仕事があるので
週末から地元に帰るぷーさんと
あげていなかったバレンタインを渡すため
出発前に東京駅で食事をすることになった

ぷーさんは甘いものはあまり好きではないので
バレンタインはおすすめの出汁を用意していたけど
一応それっぽくチョコレートも渡そうと
チョコレートクッキーを作ってみた

女らしいこともたまにはするんです
超簡単なやつで
チョコペンデコでごまかした(笑)

焼きすぎたかレシピか
ちょっと固めだったけど
わたしがよく食べる
おいしいチョコを使ったので
80点とぷーさんから上から目線で
高評価をもらったよ

土曜
昼間は仕事をするとぷーさん
仕事終わる頃連絡するというので
洗濯したり、だらだらしたり
掃除はまた今度

お昼を食べてテレビを見ていると
ぷーさんから連絡があり、
身支度をして東京駅で合流

昼食べてないとお腹がすいているぷーさん
時間的に微妙で調べてたお店は開店前
近くをふらふらしていると
いい感じの立ち飲み屋さん発見
18時まで飲み物半額と
パクチー海老餃子に惹かれて入店

半額をいいことに結構飲むぷーさん
お料理もおいしい

開店までお店を手伝っているという
系列店の店長さんの動きが気になったり

時間が早すぎたので
他にお客さんも少なく、店長さんと
話をしたり
ぷーさんに愚痴る店長さんがおもしろかった

楽しい時間を過ごせました

手伝いに来ていた
系列店の店長さんがおもしろすぎたので
時間もまだ早いので
オープンを待ってそのお店で飲みなおすことに

店長さんがツボらしく
わたしのあげたクッキー食べさせてみたり
いじりながら
強いお酒を飲みまくるぷーさん
楽しそうだったのでまいっかと
思ったものの
ここは止めなきゃいけないところだった

9時過ぎお店を出て
東京駅バイバイ

の予定だったんだけど
酔っ払ってるぷーさん
道行く人に絡んだり
いつもとかなり様子が違う

壁際に立ち止まり
もうだめだーとか言い出して
座り込んで、お前はもう帰れと言い出す
いっそのこと帰ってしまおうと思ったけど
ほっておく事もできず

とりあえず、座れるところまで引っ張って
とりあえず、ぷーさんを座らせて
お水を買いに行って走って戻る

喜怒哀楽が激しくなり
迫ってきたり、突き放されたり
戻してしまったり
地面に寝っころがろうとするぷーさん

新幹線の最終の時間を過ぎてしまったので
さて、どうするか
あんなべろべろの人とふたりになることが
なかったのでどうしていいか分からん

ぷーさんちよりうちのほうが
まだ近いからうちに連れて行くか
でも、電車に乗れる状態ではないし
カラオケとか?

寝っころがろうとするのを止めながら
水を飲ましていると
警備員さんが大丈夫ですか?
救急車呼びましょうか?と

呼んでもらったほうがよかったのかな?
もうちょっと様子を見ますとお断りして

寒いから暖かい場所に行かねば
ぷーさんも心配だけど
わたしも風邪を引いてしまう

タクシーに乗せてラブホ連れてったよね
東京駅近辺わからんから
ラブホといえば鶯谷という
微妙な知識で鶯谷のね(笑)
噂どおりのラブホ街

道行く人にこの女が~とか
絡むから迷惑

フロントにいたおばさんに心配されながら
なんとかチェックイン
財布の中千円切るとか結構あるわたしだけど
たまたま現金大目に持っててよかった。。。

とりあえず部屋に入れば安心
水を飲ませてトイレに連れてくと
トイレで寝てるからベッドに誘導

わたしも寝る支度して寝ようとすると
絡んでくるから眠れない
それでも、何度もトイレに行って
水を飲むたびに意識が戻ってきている様子

今後の付き合い方を考える
達の悪い酔っ払い方だったけど

明け方意識を取り戻して
こんなになるのは数十年ぶりと
反省してたのと
でも、それだけ気を許した証拠だと言われたのと
酔ったぷーさんに言われた
お前かわいいってのが気分よかったので(笑)
次はないよと今回は許すことにした

日曜
ホテルをチェックアウトして
二日酔いのぷーさんと
上野までふらふら歩きながら
吉野家で朝食をとって
アメ横をうろうろしてお茶して
上野駅でバイバイ

わたしは上野をふらふらして
ドンレミーで50円のプリンをふたつ買って
家に帰って食べてお昼寝
50円プリンおいしかった♪

まったく
とんだ週末でした。