読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食生活 親のすごさをやっと実感

自分の作る料理に飽きた

一人暮らしの食事は自炊

自分で自分のご飯をつくるから
味付けは自分好みにできるし
食べたいものを食べたいだけ作れるので
いいっちゃいいんだけど

なんっつうか、想像通りの味で
味をかえてもいつもの味になる

料理はできなくないと思う
小さい頃から手伝いさせられてたし
食いしん坊は料理上手と思ってて
わたしも食いしん坊だからね

レシピ見て作ってても
レシピどおりつくると
大体しょっぱいので
割合を目安に調味料の量は
自分で調節しちゃうから?

実家の時は食事は母が用意してくれてて
たまに手抜きがあったり、
疲れているときは惣菜なんてこともあったり
なんだこれ?ってのもあったりしたけど

良くも悪くも裏切られることが少なくなかった
想像をたやすく超えてくるからね
良くも悪くも

今日の晩ごはんなんだろう?
って思うのはしあわせなことよね

というわけで
実家に帰ったり
友達と外食したり
ぷーさんと外食したり、ぷーさんち行ったり
自分以外の人のつくるご飯が
ありがたく感じるようになりました

特に結婚してから
今までもこれからも
自分の用意した料理を食べ続けてる母
すげ~よ

一人暮らしはじめて
親のすごさやありがたさを感じた
はじめは
やっぱり食べものなのでした

今度実家帰ったら
わたしが腕をふるって
母に自分以外の作った料理を食べさせてあげよう